日本におけるCORAIL®人工股関節の実際

CORAIL®ステム人工股関節の一つで、本書では日本における臨床例を収録しています。

¥5,500(税込)

Amazon
honto
ジャンル 専門書
出版年月日 2022年12月20日
書店発売日 2022年12月26日
ISBN 9784863455368
判型・ページ数 B5・200ページ
定価 5,500円(税込)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

股関節の障害には様々なものがあり、股関節に部分的な障害がおこるものもありますが、変形性股関節症や関節リウマチなどでは、股関節全体に変化をきたすものがあります。このような股関節全体の障害による痛みの治療に役立つのが人工股関節です。CORAIL®ステムは1985年にARTROグループが開発した人工股関節の一つで、世界中の200万人以上の患者に提供されてきました。本書では日本における臨床例を収録しています。 2020年刊行の翻訳書『CORAIL®人工股関節』と対をなす専門書です。

目次

序⽂
目次
監修者・執筆者紹介
序章
1章 ステムデザイン
2章 臨床評価
1 臨床上の⾻反応
2 ステム周囲の⾻新⽣
3 カラー下の⾻新⽣
4 経年的な⾻密度変化
5 ステムと皮質骨の接触点評価
6 (1)タイプ別臨床評価(1)カラードタイプ
(2)タイプ別臨床評価(2)カラーレスタイプ
7 full HA カラードステムの優位性に関する検討
ー使用機種別の術後早期のステム周囲骨折と患者満足度の比較検討
8 CORAIL®ステムとtapred wedge型ステムの術後早期経過について
3章 適応とピットフォール
     1 CORAIL®適応総論
2 ⼆次性変形性股関節症
      (developmental dysplasia of the hip:DDH)
3 (1)髄腔形態(1)Dorr Type A
(2)髄腔形態(2)Dorr Type C
4 周術期ステム周囲⾻折
5 若年者および⾼活動患者におけるCORAIL®ステム

総括  ⽇本⼈患者に対するCORAIL®ステムの実際
索引  
日本におけるCORAIL®人工股関節の実際
制作費一覧表
お問い合わせ