ナポリの玉手箱

海の⽣きものと魅せられた⼈々

新刊

ナポリ臨海実験所創立150周年記念出版。生物学の世界的研究拠点の歴史を探る

¥ 1,980(税込)

著者 木原 章 編著
西川 輝昭 編著
溝口 元
横田 幸雄
日伊生物学会
ジャンル 専門書
専門書  > 科学
出版年月日 2022/07/30
書店発売日 2022/01/01
ISBN 9784863455252
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 1,980円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

地中海、ティレニア海、ナポリ湾と狭まって形成されたナポリ湾には17,000種以上といわれる、多種多様な生き物が生息する海のホットスポットである。1872年設立のナポリ臨海実験所(Satazione Zoologica di Napoli Anton Dohrn)は海洋生物学の領域では屈指の研究施設として知られており、世界各地の臨海実験所や水族館に大きな影響を与えた。本研究所の歴史的な役割、様々な収蔵物を説きつつ、生物学の持つ魅力についても語りたい。

目次

はじめに 
第一章  ダーウィン進化論の申し子、ナポリ臨海実験所
第二章  アルベルト・モンロイと発生生物学
コラム― ヒトデとウニの卵のお話 
第三章 玉手箱の中から―ナポリのおもしろ生き物列伝
第四章 ナポリ実験所標本室の謎
あとがき
文献リスト
索引
編著者紹介
ナポリの玉手箱
制作費一覧表
お問い合わせ