社会を撮る!―7人のフォトグラファー

新刊

戦後日本の写真家7人の作品をとおして、20世紀後半の世界と写真と写真家を論じる

¥ 2,200(税込)

著者 三浦 雅弘
ジャンル 一般書
出版年月日 2022/04/27
書店発売日 2022/04/27
ISBN 9784863455177
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 2,200円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

写真とはいったいどのようなメディアなのか?職業人としての写真家はいかなる存在なのか?本書は、この二つの問いを常に念頭に置きながら、戦後日本の7人の写真家の仕事を考えようと試みたものである。7人の写真家によって写しとどめられた世界の光景は、われわれの直視を促し続けている。

目次

1 牛腸茂雄とR.D.レイン
2 常盤とよ子の視線    
3 吉田ルイ子と黒人たち  
4 石川文洋のベトナム戦争
5 大石芳野とコソボ紛争
6 橋口譲二のベルリン
7 瀬戸正人のアジア

社会を撮る!―7人のフォトグラファー
制作費一覧表
お問い合わせ