天球のラビリンスⅤ

微分環多様体論

¥ 5,500(税込)

著者 佐俣 満夫
ジャンル 専門書
出版年月日 2021/11/15
ISBN 9784863455023
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 5,500円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

本書は「天球のラビリンス」シリーズ第Ⅳ巻の続編である。前半では第Ⅳ巻での微分環チューブの拡張としての微分環多様体の基本演算式とその応用となっている。微分環多様体の種々の基本式を基にCF、CSおよびSN関数から導かれる多くの微分環多様体を具体的に紹介する。さらに、微分環多様体の応用として、DNA型2重ラセンの数学モデルを紹介する。そして、DNAの分裂と複製などの数学モデルを提案し、DNAはなぜラセンなのかについて議論されている。
 後半では、異なる多様体による絡合構造による接合曲線の詳細について議論する。球、円筒、円環トーラス等についての3次元空間での互いの絡合により生じる接合曲線の実際を解説する。

目次

第1編 基礎論 
第1章 微分環多様体の一般微分型式/第2編 微分環多様体
第2章 3次元自己回帰調和波による微分環多様体 
第3章 微分環多様体の応用 
第4章 第2型式の微分型式による微分環多様体 
第5章 DNA型2重ラセン/第3編 異なる多様体による絡合構造 
第6章 異なる多様体による接合曲線第 
7章 球と円環トーラスによる接合曲線 
第8章 2つの円環トーラスの自由絡合による接合曲線
あとがき
索引
天球のラビリンスⅤ
制作費一覧表
お問い合わせ