幕末の農民日記にみる世相と暮らし

¥ 1,760(税込)

著者 辻井 善彌
ジャンル 文芸・自伝
出版年月日 2011/11/30
ISBN 9784863451049
判型・ページ数 4-6・380ページ
定価 1,760円(税込)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

幕末に関する歴史書は多いものの、当時の村々の状況や農民のくらしなどを課題とした書は多くありません。本書は『浜浅葉家日記』という得がたい幕末の農民日記を基本資料とし、黒船来航やコロリ騒動、農事の実景などの記録から、当時の生活史や世相史を読みとります。

目次

第一章 浜浅葉日記とその周辺/第二章 浜浅葉日記にみる不安と恐怖/第三章 欠落(出奔)にみる世相/第四章 雇われ人の実態/第五章 借金にみる人間模様/第六章 幕末の「農」の実景
幕末の農民日記にみる世相と暮らし
制作費一覧表
お問い合わせ