白鴎大学政策研究所 叢書 関係性の憲法理論

現代市民社会と結社の自由

¥ 4,180(税込)

著者 岡田順太
ジャンル 専門書
シリーズ 白鴎大学法政策研究所叢書
出版年月日 2015/03/10
ISBN 9784863452312
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 4,180円(税込)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

従来にない視点から結社の自由に関する憲法学的分析を試みる一冊。まず、日米の判例・学説の分析を通じて、家族を含めた関係性に結社の自由の本質的価値を見出すという、通説的には「非常識な」理論を提示する。その上で、社会関係資本論に基づく学際的な検証を通じて、憲法学的に有意な関係性の抽出を行い、結社の自由の理論的再構築につなげていく。国会の実務に携わった著者の経験を強く反映した実践的理論書でもある。

目次

第1部結社の自由論の展開と限界 Ⅰ 結社をめぐる憲法理論 / Ⅱ 結社の自由の本質的価値―アメリカにおける親交の自由 / Ⅲ 大震災における「絆」と人権論
第2部結社の自由の新地平―社会関係資本と関係性の再分配 Ⅳ 新たな分析の視点―社会関係資本論 / Ⅴ 社会関係資本論の憲法的意義 /Ⅵ 格差社会・憲法・社会関係資本 / Ⅶ 国家による関係性の再分配―CLS判決
第3部現代社会における関係性の保障と社会統合 Ⅷ 法の下の平等と格差社会―関係性による社会統合 / Ⅸ 「絆」と政教分離原則の壁―宗教団体を活用した社会政策の功罪 / Ⅹ 関係性の法的規律と治安・秩序
第4部 総 括 ―関係性の憲法理論
白鴎大学政策研究所 叢書 関係性の憲法理論
制作費一覧表
お問い合わせ