気力のつづく限り

¥ 1,980(税込)

著者 曽我 文宣
ジャンル 文芸・自伝
出版年月日 2015/04/05
ISBN 9784863452459
判型・ページ数 A5・236ページ
定価 1,980円(税込)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

科学とその周辺、社会論、人間・生活、文学・歌、人物論。物理学研究者として一線を歩んできた著者が、社会を斬り、文学を語る、示唆に富む随筆集の第9弾。

目次

第一章 科学とその周辺、右巻き、左巻き/こころの科学と、人間の意志/経済の自己流探索/日本経済の行方第二章 社会論、日本語の豊富さ/非業の死、歴史の変遷/世界遺産 第三章 人間そして生活、「笑い」について/男と女の違い/生まれて初めて/臆病な妻と用心棒/研究所出身の飲み友達/ある夜のできごと 第四章 文学、歌、本の題名/ある日の文学散策/フォークソング 第五章 人物論、二人の監督、中畑清と原辰徳/教駒の恩師、浅原欣次郎先生/教駒の恩師、重松樫三先生
気力のつづく限り
制作費一覧表
お問い合わせ