幕末を旅する村人

浜浅葉日記による

¥ 1,760(税込)

著者 辻井 善彌
ジャンル 文芸・自伝
出版年月日 2015/11/13
ISBN 9784863452619
判型・ページ数 4-6・364ページ
定価 1,760円(税込)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

浜浅葉日記は、天保五年(1834)から明治三十五年(1902)まで三代にわたって書き継がれたものである。
 そのうち分家初代の浅葉仁三郎が執筆した二十五年分の日記は、鈴木亀二氏によって翻刻され、横須賀市立図書館より六集の『浜浅葉日記』として刊行された。

目次

第1章 幕末に生きたある村人の半生の旅/第2章 幕末の街道・往来・潮路/第3章 村を訪れる旅人たち/第4章 盛夏の旅・大山詣でと富士登拝/第5章 三浦半島からの江戸旅/第6章 旅さまざま/第7章 道中記にみる旅
幕末を旅する村人
制作費一覧表
お問い合わせ