キックオフの笛が聞こえる

日本のラグビーは横浜から始まった

¥ 3,025(税込)

著者 長井 勉
ジャンル 一般書
出版年月日 2021/04/20
ISBN 9784863454903
判型・ページ数 A5・142ページ
定価 3,025円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介

日本ラグビー文化の黎明、その中心になったのは横浜在住の西洋人たちであり、開港の歴史とラグビーの歴史は切りはなすことができない。本書は丹念な資料整理によって、ラグビーの先駆者の登場やルールの整備を追いかけ、大学ラグビーの成立とワールドカップで日本代表が活躍する現在までをまとめた、日本ラグビー発展史書である。

目次

まえがき 「キックオフの笛が聞こえる」―日本のラグビーは横浜から始まった
序章 世界に発信したラグビーの力とRWC2019レガシー
第一章 英国パブリック・スクールとフットボール
第二章 「日本のラグビー発祥地 横浜」と初めてのラグビーマッチ
第三章 三高ラグビーの創部、早慶ラグビーから“ジャパン”の金星
第四章 ?ジャパン”、初テストマッチの出来事と高校ジャパンの初海外遠征
第五章 「海の向こう」の甲子園と台湾ラグビー史話
第六章 横浜ラグビー史……大正期から神奈川県ラグビー協会設立まで
第七章 日本ラグビーデジタルミュージアムとラグビー史の語り部
あとがき 永遠のラグビー(茂谷知己) 
キックオフの笛が聞こえる
制作費一覧表
お問い合わせ